妊娠保険

アメリカで妊娠と出産!保険がない場合どうなるのか

2019年11月17日

コロナ助け合い保険

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

アメリカの医療費は高い

日本でもアメリカで違うのが「保険制度」と「医療費」です。

アメリカの医療費はかなり高額なことが多く、妊娠や出産の費用をが大変なことになってしまう場合があります。

アメリカには国民保険制度のような制度がないため、医療費は全額自己負担です。自然分娩でも100万円以上の費用がかかり、帝王切開と1か月程度の入院で医療費が、1,200万円になる場合もあります。

日本なら、自然分娩なら40万円から50万円程度で、帝王切開の場合健康保険が適用されるケースも多い為、プラス10万円程度と言われています。

その上、出産一時金が支給されるので、実質的な負担金はそう多くありません。

メディケイドとは

アメリカには、日本の国民健康保険のような制度がないので医療費が全て自己負担となり、高額になってしまいます。

民間の保険もありますが、加入が難しい低所得者のためにアメリカにはメディケイドという制度があります。

メディケイドの制度は州ごとに運営されているため、制度の内容が州によって異なります。

ですが、この制度を利用すれば高額な治療費の支払いをしなくてすみます。

ただし州ごとに内容が違うので詳細は必ずお住いの州に確認してください。

民間の医療保険でカバーできる?

アメリカの高額な医療費を民間の医療保険でカバーすることは可能です。

ですが、妊娠や出産の費用までカバーするものとなると月々掛け金がとても高額になってしまいあまり現実的ではないという意見もあります。

契約内容によっても異なりますが、妊娠や出産までカバーする保険となると掛け金が10万円を超えてしまうこともあるのです。

これでは、保険でカバーできるというメリットがかなり少なくなってしまいます。

そもそも、毎月10万円もの保険料を支払うことが大きな負担になってしまっては、元も子もありません。

もし、アメリカで無保険の状態で妊娠と出産を…という状況であるなら、自分が住んでいる州のメディケイド制度を調べて利用できるかを確認するのがオススメです。

スムーズに出産できても100万円以上の費用が必要になりますので、アメリカでの妊娠や出産は慎重に考えて計画的な家族計画のもとでしていく方がいいようですね。

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。

保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。

妊娠前に知っておきたい記事をご紹介

当ブログ内で、妊娠前に知っておきたい記事をご紹介します。

保険の選び方

妊娠検査と保険

保険商品別の記事


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ
コロナ助け合い保険

妊娠した時の保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、妊娠した時の保険に関連する記事をご紹介します。

中絶した時の保険適用に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、中絶した時の保険適用に関連する記事をご紹介します。

妊娠中の保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、妊娠中の保険に関連する記事をご紹介します。

出産後の保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、出産後の保険に関連する記事をご紹介します。

\いますぐ無料相談予約!/


FPパートナーズ


マネードクターとは

保険も家計も将来も。さらには資産運用など、お金の上手な活用法まで。あなただけの「お金の答え」を見つける人生のパートナーです。

無料で保険相談

オンラインでも、カフェやご自宅など対面でも、全国どこでもご希望の場所でマネードクターのFPと無料で保険相談可能です。

Webで今すぐ予約

オンラインで今すぐ予約できます。お電話でも可能。お電話でご予約の際はオペレーターに受付番号「12384」とお伝えください。

無料相談予約はこちら|マネードクター

-妊娠保険
-, ,

FPパートナーズ
FPパートナーズ

© 2020 justInCase