がん保険

がん手術療法とは!治療費と入院日数、高額療養費制度をご紹介

2019年12月3日


PR:保険料0円からのがん保険保険をご存知ご存知ですか? わりかん がん保険
コロナ助け合い保険

この記事をご覧になっている方は、がんになった際の手術療法や医療費や入院日数が何日かかるか調べられている方ではないでしょうか。

がんの手術療法とはどういう治療療法なのか、手術を行う際の医療費負担額や医療費の公的制度を用いた軽減方法をご紹介します。

がんの治療方法の種類について

がんの治療方法には主に以下の療法が存在します。

手術療法

手術療法とは、体にメスを入れたり、小さな穴を開けて内視鏡を使うなどし、がんの発生部位を切除する療法です。

がん細胞を全て切除できれば、体にメスをいれるという身体的ダメージ以外では、薬物等による副作用なく完治の可能性が高い療法です。

手術療法の種類

がんの手術療法には、大きく分けて以下の2種類方法があります。

  1. 開腹手術、開胸手術などの切除術
  2. 腹腔鏡下手術、胸腔鏡下手術、ロボット支援手術などの内視鏡手術

どちらの手術を選択するかは、手術前のCT / MRIなどの画像診断検査で検討し、主治医と相談のうえ決定してください。

以下に他の代表的な療法も記載いたします。

薬物療法

薬物療法とは、抗がん薬などを用い、がんの増殖を防いだり、がん細胞を攻撃し死滅させる療法。

手術前にがんを小さくするために投与したり、手術後に微細なレベルのがん細胞が残っている場合に投与したり、がんが全身に転移し手術療法では対応できない場合に用いられる療法です。

放射線療法

放射線療法は、治療用の放射線を体の外からがん細胞に照射する外部照射と、体の内部からがんや周辺組織に放射線を当てる内部照射を利用し、がん細胞の根絶を目指す療法です。

再発の予防や、がんに起因する症状の緩和のために用いられる、外来治療が可能な療法です。

手術療法を行うメリット/ デメリット

メリット

手術療法には、がん細胞を完全に切除できれば完治の可能性が高く、抗がん剤等の薬物投与治療による副作用がないというメリットがあります。

デメリット

手術療法のデメリットは、がん細胞の切除によって臓器や体の機能を失う場合があること、切除による体へのダメージ、キズの縫合や治療により、体力の回復に時間がかかる可能性があります。

腹腔鏡下手術で体力の低下を防ぐ

最近の手術方式では、切除する範囲を最小限にするためにメスで体を開くのではなく、麻酔をしたうえでお腹に数箇所穴を開け、手術用の器具がついた高性能カメラを入れるという、腹腔鏡下手術が普及しつつあります。

がん手術の入院日数や手術費用の目安

聖路加国際病院が公表しているがんの手術療法の入院日数の目安を見ると、手術の種別にもよりますが、入院日数は1〜2週間程度、長くても1ヶ月程度。

また、手術費用目安も公表されていますので、以下に代表的な疾患ごとの入院日数と手術費用をまとめました。

対象疾患 入院日数 手術費用
胃がん 約2週間 約500,000円
大腸がん 約1〜2週間 約400,000円
子宮がん 約1〜2週間 約400,000円
乳がん 約4日〜2週間 約270,000円
肺がん 1約週間 約600,000円

治療費は一見高額に見えますが、高額療養費制度を利用すると年齢や年収によっては10万円未満の治療費ですむ場合があります。

がんの症状、進行具合や年齢、体力により入院期間や手術費用は変わりますので、手術を検討されている方は主治医とご相談してください。

次の章では高額療養費制度を利用した場合についてご説明します。

高額療養費制度とは

がんの手術費用は、自己負担額の3割負担になっても数十万円かかることもあり、カンタンに支払える金額ではありません。

そこで、医療費の経済的負担が重くならないよう、医療機関や薬局で支払う医療費が月初から月末までの1ヶ月で一定の上限額を超えた場合、超えた額を公的に支給する高額療養費制度を利用できます。

高額療養費制度の適用一覧

69歳以下の場合、以下の高額療養費制度の適用区分がございます。

適用年収区分 1ヶ月の上限額
約1,160万円〜 252,600円+(医療費総額ー842,000円)×1%

約770万円〜約1,160万円

167,400円+(医療費総額ー558,000円)×1%
約370万円〜約770万円 80,100円+(医療費総額ー267,000円)×1%
〜約370万円 57,600円
住民税非課税者 35,400円

出典: 厚生労働省

70歳以上の方は外来診療や、収入が公的年金のみの場合は上記一覧とは別の上限額が設定されていますので、詳しくは厚生労働省のページをご確認ください。

コロナ助け合い保険

PR:保険料0円からのがん保険保険をご存知ご存知ですか? わりかん がん保険

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

がんになってしまうと長期的な入院、高額な費用がかかるようなイメージをされていた方をいらっしゃるかと思いますが、ここまで読んでいただいたら実際はそうでもないと気付かれたのではないでしょうか。

改めてがんの手術療法の入院日数、治療費などを以下にまとめます。

  • 入院日数は1〜2週間程度、長くても1ヶ月程度
  • 手術費は27万円〜60万円
  • さらに高額療養費制度を利用すると10万円以下の場合も

がんの症状、進行具合や年齢、体力により入院期間や手術費用は変わりますので、手術を検討されている方は主治医とご相談してください。

がん保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、がん保険に関連する記事をご紹介します。

保険商品別の記事

子宮頸がんに関連する記事をご紹介

当ブログ内で、子宮頸がんに関連する記事をご紹介します。

がん診断以降も入れる保険の記事をご紹介

当ブログ内で、がん診断以降も入れる保険の記事をご紹介します。

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。

保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。

保険料0円からのわりかん がん保険


わりかん がん保険

わりかん がん保険とは

がんになった人に80万円の保険金をお支払いし、保険金を加入者同士でわりかんするがん保険です。

みんな元気なら保険料は0円

誰も保険金を請求しなければ保険料はずっと0円。加入しているにも関わらず保険料を支払う必要がありません。

安心の保険料

保険料が発生しても20〜39歳の方であれば最大でも500円。ワンコインで誰かの力になれます。

保険料の見える化

先月がんになった人の人数、お支払いした保険金の金額をお知らせし、保険料の見える化をします。

わりかん がん保険

-がん保険
-, ,

© 2020 justInCase