保険 医療保険

【口コミあり】コロナ助け合い保険の無償提供について聞いてみた![1:なぜ無償?編]

2021年3月25日

【口コミあり】コロナ助け合い保険の無償提供について聞いてみた![1:なぜ無償?編]
コロナ助け合い保険

こんにちは、Dr.コバの助手Aです!Dr.コバに弟子入りして、保険のことを日々勉強中しています!今日は「どうしてそんなことが可能なの?」と話題の「コロナ助け合い保険」無償提供について、みんなが気になっているところをズバリ聞いてきたよ!

  • [1:なぜ無償?編]
  • [2:申し込み編]
  • [3:保険金請求してみた!編]

の3本立てで解説していきます!

1年分の保険料負担が0円のワケ

最初の新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言(令和2年4月7日発出)からもうすぐ1年ですね。ワクチン接種が始まり、2度目の緊急事態宣言がようやく解除されましたが、変異株の感染も拡大しており、依然として新型コロナウイルス感染症のリスクは高いままです。なので、「コロナ助け合い保険」無償提供は、引き続き行われます。

お金はどこから出ているの?

「コロナ助け合い保険」無償提供は、大同生命からの1億円の寄付金によって実現しました。今般の新型コロナウイルス感染拡大で、事業に深刻な影響を受けている中小企業も多くいらっしゃいます。そこで、長年中小企業と共に歩んできた大同生命がjustInCaseと共に、中小企業支援プロジェクトとして「コロナ助け合い保険」の無償提供を始めたというわけです。

ぶっちゃけ、あやしいんじゃないの?

「タダほど高いものはない」というのは、よく聞く言葉ですよね。「後から何か別の名目で請求されるんじゃないの?」と警戒されがちです。実際、過去には、「ケータイ無料」を謳いながらも、途中で解約すると高い違約金などの名目で結局お金を払うことになる、といったケースもありました。あるいは、しつこく何か他のものを勧誘されるんじゃないかと心配してしまいますよね。

このプロジェクトは、大同生命の寄付金によって運営されています。なので、しつこく他の営業などされることもありませんし、いつでも解約OK!契約を途中で解約したり、無償期間が終わって更新しなかったとしても、金銭を請求されることは一切ありません。

無償期間が終わる前にメールでお知らせ!

ご加入月を1ヶ月目として、12ヶ月目の末日で無償期間は終了します。無償期間が終了すると、契約は自動更新されます。無償期間終了の前に、更新についてのお知らせが届きますので、更新したくない場合には、マイページから自動更新の設定を変更するだけでOK!契約を更新しない場合には、あらかじめ自動更新設定を変更しておいてください。

途中解約や自動更新設定の変更は、マイページからかんたんにお手続きできます。お手続きに手数料などは一切かかりません。

トップページ解約メニュー

「保険金の請求をする」ボタンの右側のグレーのボタンをタップすると、メニューが表示されます。

  • 解約の場合は、「この保険を解約する」をタップ
  • 更新を止める場合は、「自動更新設定を変更する」をタップ

無償提供期間終了後は、お申込み時に登録いただいたクレジットカードより引き落としが開始されます。

助手A「でも、みんなが自動更新を止めちゃったら、困るんじゃないですか?」

担当者「こんなときだからということで大同生命さんが寄付してくださっているから、更新しなくても問題はないですよ。ご自身で選べます。医療保険なので、コロナ以外でも入院したときの備えにはなりますけど」

いつでも解約できて、更新しないで1年で終わりにしてもOK!それがわかれば、0円でもあんしんできますね!ということで、解約/自動更新設定変更の方法まで、詳しく載せちゃいました!

この機会にjustInCaseを知っていただければそれだけでいい。こんな面白いことをやってる保険の会社があるんだ、ということを知っていただければ、それで十分なんです。保険について、「なんかよくわからないけど入っておいた方がいいの?」というところから、助け合い、支え合うという保険の仕組みに少しでも関心を持っていただければさいわいです。

メディアにご紹介いただきました

「コロナ助け合い保険」の無償提供について、ご紹介いただきました!

NewsPicks

しかし、実態は拍子抜けするほどに裏がない。大同生命の太田準一氏は次のように説明する。
「加入者の情報を持つのは、販売元であるjustInCaseだけです。今回は中小企業の方々を支えるという社会貢献が目的で、私たちの収益につなげることは考えていませんし、大同生命の保険に加入している必要もありません。
本保険の性質上、申込時にクレジットカードの登録は必要ですが、無料期間中はもちろん保険料の請求はなく、加入時に申込手数料のようなものもかかりません」

引用元:NewsPicks|【徹底解剖】専門家も「ありえない」。無料保険誕生の裏側

日本経済新聞

T&Dホールディングス傘下の大同生命保険は20日から、新型コロナウイルスに感染すると保険金を支払う同業他社の少額短期保険の無償提供を始める。対象は中小企業の従業員。コロナ感染が再拡大する中、経営者や従業員の不安解消を図る。

引用元:金融最前線|大同生命、「コロナ保険」の無償提供で協力 2万人超に

日刊ゲンダイDIGITAL

大同生命の中小企業「大同生命サーベイ」(2020年5月度)によると、リモートワークの実施に関して、中小企業の82%が「実施不可」「実施予定なし」と答えている。そんな中、大同生命では、中小企業の社員向けにjustInCaseの「コロナ助け合い保険」の無償提供を始めた。

引用元:お金の学校|大同生命が無償提供 中小企業向け「コロナ助け合い保険」

コロナ助け合い保険

みんながワクチン接種したらいらなくなるんじゃないの?

助手Aがこの記事を書いている前日(2021年3月22日)から、ようやく緊急事態宣言が解除になりました!ワクチンの接種も順次行われています。とはいえ、まだまだ新型コロナウイルス感染症のまん延が懸念されています。

助手A「コロナ助け合い保険って、いずれは必要なくなるの?」

もし、必要がないと思われたら、いつでもマイページからかんたんに解約できます。そもそも「コロナ助け合い保険」って、実はシンプルな医療保険なので、保険期間中は、コロナ以外の病気やケガが原因で入院しても、給付金5万円をもらえます。ということは、無償期間中は入ったままにしておいて損はないのでは?

それよりも、「コロナ助け合い保険」がいらないような世の中に、早く戻ってほしいものです!

コロナ助け合い保険の無償提供まとめ

  • 大同生命からの1億円の寄付金で、1年間の保険料負担0円の保険が実現!
  • コロナ禍に苦しむ中小企業を支援するためのプロジェクト
  • 無償期間終了前にメールでお知らせ。更新してもしなくてもOK!

今回は、なぜ「コロナ助け合い保険」の無償提供が実現したのかについてご紹介しました。中小企業支援プロジェクトだけど、保険の加入は一人一人にお手続きをしてもらう必要があります。

そこで、次回は申し込みの方法について詳しくご紹介します!申し込みが終了した時点から保障が始まります。今すぐチェック!

関連記事

-保険, 医療保険
-, ,

コロナ助け合い保険
コロナ助け合い保険

© 2020 justInCase