不妊保険

不妊治療に備えたい!日本生命の「シュシュ」ってどんな保険?

2019年4月25日

hoken_media_default_thumbnail

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

治療費が高額になることも多い不妊治療…精神的なストレスや肉体的なストレスだけでなく、経済的にもかなりの負担があります。現在、日本の健康保険では、不妊治療中の一部しかカバーされないため高額の治療費が全額自己負担になることもあります。治療が長期間に及ぶこともある不妊治療…もし、自分に必要になったら…そんな不安に備えられるのが日本生命のシュシュです。

 

日本生命の「シュシュ」はどんな保険?

 

不妊治療に備えることができる保険として注目されている日本生命のシュシュはどんな保険商品なのでしょうか。

 

日本で初めて「不妊治療」への備えを可能にした保険

不妊治療は長年、民間の保険の対象外とされてきました。治療費が高額になることや、不妊治療はすべての人が選択するものではないため、突然の病気やケガに備えるという保険の目的とは趣旨がずれていた…という背景もあったのでしょう。

 

そんな中で、不妊治療にも備えたいという方の要望に答える形で誕生したのが日本のシュシュです。シュシュは、日本で初めて不妊治療を保障の対象とした保険です。

 

シュシュに加入できるのは、16歳~40歳までの女性です。不妊治療だけでなく様々な病気に備えることができる保険で、3大疾病にかかった場合は300万円の一時金がもらえますし、出産給付もついています。1人目は10万円、2人目は30万円という形で給付金額が増えていき、5人目になると100万円が給付されます。出産給付金の支払い回数は無制限ですから、子宝に恵まれるたびに保険金を受け取ることができます。

 

出産給付金に関しては、責任開始日の日を起点として、1年間経過した後の出産が対象です。

 

特定不妊治療を保障

「シュシュ」は契約者が保険期間に、特定不妊治療を受けた場合には特定不妊治療給付金として保険金が支払われます。保障の対象となる特定不妊治療には、治療費が高額になりやすい体外受精や顕微授精などが含まれています。顕微授精は、一回当たりの治療費が50万円を超えることもある高額医療ですが健康保険の対象外なので、全額自己負担になります。

 

シュシュに加入していれば、1回目~6回目は1回に5万円、7回目~12回目は1回あたり10万円の保険金が支給されます。治療費の全額カバーとはなりませんが、一部でも保険でカバーできるというのは不妊治療にあたる上で大きな支えになります。

 

シュシュでは、不妊治療の中で健康保険の対象になっているタイミング療法や排卵誘発法、人工授精などは補償の対象外としています。健康保険の対象になっている治療は、3割負担で受けられるため、全額負担にはなりません。

 

不妊治療の保障は、責任開始を起点として2年間、保険契約を継続した場合にのみ保障の対象になります。責任開始日から2年以内の不妊治療に関しては保険の対象となりません。当然ですが、今から不妊治療をしようという場合に加入するものではなく、不妊治療が必要になるかもしれないというリスクに備えることが目的ですから「不妊治療をするから入ろう」というものではないことを念頭においておきましょう。

 

参考資料 丘の上のお医者さん https://www.okanouenooisyasan.com/knowledge/infertility/05/

 


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

万が一にも備えられる!

 

不妊治療の保障が注目されるシュシュですが、万が一の時のための備えとしても安心の保障内容になっています。

 

死亡保障は300万円

シュシュは、契約者が保険期間中に死亡したり3大疾病になったりした場合に一時金として、300万円の保険金が支払われます。死亡保障と3大疾病のどちらか一方しか支給されませんが、万が一の時にまとまったお金を受け取れるのは大きな安心と言っていいでしょう。

 

また、余命6カ月以内であると診断がされたら保険金の一部を受け取ることができる「リビング・ニーズ特約」が自動付加されます。終活のための必要資金を保険で賄えるので、もしも…という時に役立てることができます。

 

シュシュは掛け捨て型ではない

シュシュは、掛け捨て型の保険ではなく満期を迎えたら満期金が支給される保険です。保険期間満了時に生存していれば、契約内容に沿った形で満期一時金を受け取ることができます。

 

満期金一時金の金額は契約内容や受けた保障によってことなります。何度も不妊治療の保障として特定不妊治療給付金を受け取っていたという場合には、満期金が少なくなります。

 

死亡保障と3大疾病の保障、そして、不妊治療の保障がされる上に、掛け捨てではないというはコスト的に嬉しいポイントです。

 

参考資料 日本生命 https://www.nissay.co.jp/kojin/shohin/seiho/shussan/

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。

保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。

不妊治療に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、不妊治療に関連する記事をご紹介します。

保険商品別の記事

不妊治療に備えるための記事

\いますぐ無料相談予約!/


FPパートナーズ


マネードクターとは

保険も家計も将来も。さらには資産運用など、お金の上手な活用法まで。あなただけの「お金の答え」を見つける人生のパートナーです。

無料で保険相談

オンラインでも、カフェやご自宅など対面でも、全国どこでもご希望の場所でマネードクターのFPと無料で保険相談可能です。

Webで今すぐ予約

オンラインで今すぐ予約できます。お電話でも可能。お電話でご予約の際はオペレーターに受付番号「12384」とお伝えください。

無料相談予約はこちら|マネードクター

-不妊保険
-, , , ,

FPパートナーズ
FPパートナーズ

© 2020 justInCase