不妊保険

不妊治療中でも入れる保険はある?2社の保険を徹底比較

2019年4月25日


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

不妊治療中をしている場合は、保険加入時に告知しなければなりません。ですが、不妊治療をしていることを理由に保険への加入を断られたり、保険加入にあたって条件がつくこともあります。ですが、数は少ないものの不妊治療中でも入れる保険もあります。どんな保険があるのかを見ていきましょう。

 

不妊治療中に入れる保険はあります

不妊治療中は保険に入りづらい…これは事実ですが、不妊治療中でも入れる保険もあります。数は多くありませんが、どんな保険商品があるのかを見てみましょう。

 

子宝エール

アイアル少額短期保険が展開している「子宝エール」という保険は、不妊治療中でも加入できる数少ない保険のひとつです。不妊治療をしていることを理由に加入を断られることはありません。不妊治療をしていること以外に、健康に問題がなければ契約可能です。不妊治療にかかる費用は補償の対象外ですが、女性疾病の保障が手厚く万が一に備えることができます。女性特有の病気になった場合の入院日額は10,000円、手術給付金として一回あたり10万円の給付金が支給されます。

 

子宝エール:http://www.air-ins.co.jp/kodakara/

 

EVERYONE(エブリワン)

エイ・ワン少額短期保険のEVERYONE(エブリワン)は妊娠中でも入れる保険としてしられていますが、不妊治療中の場合でも申込みできる保険です。

契約内容に従って、入院日額5,000円、手術給付金は50,000円が支給されます。不妊治療にかかる費用は補償の対象外ではあるものの、不妊治療を始めた後でも加入可能で、妊娠中の補償もしてくれるのが嬉しいポイントです。

ただし、不妊治療内容によっては、保障に制限がつく場合があります。体外受精をしている場合に妊娠や出産関連の保障および、生殖器・乳房関連の保障に制限がかかると言われたとの報告を受けております。詳しくはお問い合わせ下さい。

エブリワン:https://a1-iryou.com/

 

子宝エールとエブリワンの違いは?

どちらの保険も不妊治療中でも加入可能という点は同じです。2つの保険商品の一番の違いは女性特有の病気になった場合の入院日額の違いです。

 

子宝エールでは、女性特有の病気になった場合は保障が上乗せされて入院日額が10,000円になります。エブリワンは、女性特有の病気になった場合でも他の病気や怪我と同じ入院日額5,000円です。

 

女性特有の病気に手厚い保障が欲しいという方は、子宝エールのほうが向いているといえます。どちらの保険商品も、不妊治療を終えた後でも十分に満足できる保障内容になっていますので、検討してみる余地はありそうです。

 


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

不妊治療の費用をサポートしてくれる保険は?

 

不妊治療の費用は高額になりやすいと言われています。少しでもその負担を軽くした位…という方もいらっしゃることでしょう。不妊治療の費用をすべてカバーできる保険はあませんが、不妊治療をうけた場合に保険金が貰える保険として「日本生命のシュシュ」という保険商品があります。

 

「日本生命のシュシュ」

シュシュでは、3大疾病や特定不妊治療、そして、出産祝い金、満時期などがある医療保険です。この保険商品では、不妊治療開始前に加入すれば特定の不妊治療を受けた場合に保険金が支給されます。

 

特定不妊治療給付金という制度なのですが、最大12回まで保険金を受け取れます。

 

すべての不妊治療が対象ではありませんが、「体外授精」や「顕微授精」は保障対象となっています。1~6回目までなら5万円、 7~12回目までは10万円貰えるので治療費の一部を保険金で賄うことができます。

 

不妊治療開始後に入ることはできませんし、不妊治療をすることを前提としてかにする保険ではなく、あくまてせも医療保険の特約として不妊治療も保障の対象になるというものです。

 

医療保険として見ても、充実した保障が受けられる保険商品ですので、早めに加入しておくのがおすすめです。

 

日本生命:https://www.nissay.co.jp/kojin/shohin/seiho/shussan/

 

不妊治療はお金がかかる

不妊治療が高額になりやすいということはご存知の方も多いかと思います。不妊治療は、健康保険の対象外のものも多く、全額自己負担となるケースも珍しくありません。また、治療期間も長期間に及ぶことが多い為、費用面でのサポートをしてくれる保険はあるに越したことはありません。

 

特に人工授精や体外受精、顕微授精などは治療費が高額で、一回の治療費が500,000円 を超えることもあります。精神的、肉体的な負担だけでなく経済的な負担も大きい不妊治療…ですから、少しでも安心して治療を受けられる環境を作っておきたいものです。

 

不妊治療をうけた場合に保険金が支給される日本生命のシュシュや不妊治療中でも加入できる保障に入って万が一のために備えておくことは、とても大切です。

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。

保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。

不妊治療に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、不妊治療に関連する記事をご紹介します。

保険商品別の記事

不妊治療に備えるための記事

\いますぐ無料相談予約!/


FPパートナーズ


マネードクターとは

保険も家計も将来も。さらには資産運用など、お金の上手な活用法まで。あなただけの「お金の答え」を見つける人生のパートナーです。

無料で保険相談

オンラインでも、カフェやご自宅など対面でも、全国どこでもご希望の場所でマネードクターのFPと無料で保険相談可能です。

Webで今すぐ予約

オンラインで今すぐ予約できます。お電話でも可能。お電話でご予約の際はオペレーターに受付番号「12384」とお伝えください。

無料相談予約はこちら|マネードクター

-不妊保険
-, , ,

FPパートナーズ
FPパートナーズ

© 2020 justInCase