不妊保険

不妊治療中に保険に入れるの?告知はしたほうがいい?

2019年4月25日


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

精神的な負担だけでなく費用面の負担も大きい不妊治療ですが、そんなときだからこそ病気や怪我のリスクに備えておきたいと思いますよね。不妊治療中をしているけど保険に入れるの?という疑問をお持ちの方のために、今回は不妊治療中の保険加入と、告知の必要性についてご説明していきます。

 

不妊治療中の保険加入は可能?

 

 

不妊治療をしていると、保険に入れるの不安という方もいらっしゃることでしょう。不妊治療と保険について見ていきましょう。

 

不妊治療をしていると入れない保険がおおい

民間の医療保険などの多くは、不妊治療中の場合は加入できなかったり、条件として子宮や卵巣、そして、妊娠に関わる治療などが保障されないというケースが多くなっています。

 

不妊治療を始めてしまうと、保険への加入はとても難しくなってしまうので、できれば不妊治療を検討しているという段階で保険への加入をしておくことをオススメします。不妊治療費用をサポートする「子宝エール(http://www.air-ins.co.jp/kodakara/)」もありますので、不妊治療を始める前に万が一の入院などに備えておくのが最も理想的といえます。

 

不妊治療中でも入れる保険

不妊治療を始めると保険への加入は難しくなりますが、何らかのトラブルに少しでも備えておきたいという場合に、不妊治療を始めたあとでも加入できる保険があります。

 

アイアル少額短期保険の「子宝エール」と エイ・ワン少額短期保険「エブリワン」です。この2つの保険はどちらも不妊治療を始めた後でも加入可能です。

 

アイアル少額短期保険の「子宝エール」は、年齢が20~69歳までの女性で、過去1年以内に次の不妊治療を行っている方や予定がある場合に加入でも加入可能です。不妊治療の費用は対象外ですが、女性特有の疾病の場合は10,000円/日(5日以上の入院で1日目から保障)や手術をうけた場合の一時金など手厚い補償魅力です。

 

子宝エールでは補償の対象外となっている6つの症状が明確に示されています。

 

  • 卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
  • 骨盤腹膜炎
  • 子宮内膜ポリープ
  • 帝王切開
  • 流産(切迫流産を含む)
  • 切迫早産

は補償の対象となっていませんので、その点はご注意ください。

 

「エブリワン」は不妊治療費用は保障の対象外ですが、出産時の緊急手術は、手術費用が保険金支給の対象となります。入院日額は5,000円/日で、入院中に所定の手術を受けた場合には50,000円の一時金が支給されます。


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

告知は必要?

不妊治療をしている場合は、やはり保険会社に告知が必要なのでしょうか。どんな場合に告知が必要でもし、しなかったらどうなるのかを見ていきましょう。

告知は絶対に必要です

医療保険に加入する際のには告知事項という質問があります。その中には「最近3ヶ月以内に医師の診察・検査・治療・投薬を受けた事があるか」という趣旨の質問が設けられています。つまり、不妊治療も医師の診察や投薬、に該当しますので、保険に加入する際には告知が必要ということです。

 

不妊は病気ではない!という方もいらっしゃることでしょう。ですが、不妊で治療や診察、投薬を受けている場合はその行為は「治療」ですから、保険の加入時に告知をする義務が発生するのです。ですので、不妊治療で診察を投薬を受けている場合に、ご本人にとっては病気という認識ではなかったとしても告知は必須ということになります。

 

不妊治療の告知をすることで、保険への加入を断られることもありますし、保険の補償に条件がつくこともあります。ですが、保険は契約…保険会社にとって告知時効はとても重要なものなのです。ですので、告知は絶対に必要です。不妊治療をしていても、治療を終えて一定期間経過していればまた保険に加入できるようになりますし、不妊治療をしていても入れる保険もあります。ですので、臆することはありません。現在治療中という場合は、正直に告知をしましょう。

 

告知しなかったらどうなる?

保険に加入したい一心で、不妊治療をしていることわ告知せずに保険に入ったらどうなるのでしょうか。

 

契約時に必要な告知をしなかったり、診察や投薬が事実を隠して保険に加入した場合は「告知義務違反」となります。告知義務違反で保険に加入しても、いざというときに保険金を請求しても「支払い拒否」されることになってしまいます。

 

つまり、告知をせずに保険に加入しても補償されないので意味がないということです。

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。

保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。

不妊治療に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、不妊治療に関連する記事をご紹介します。

保険商品別の記事

不妊治療に備えるための記事

\いますぐ無料相談予約!/


FPパートナーズ


マネードクターとは

保険も家計も将来も。さらには資産運用など、お金の上手な活用法まで。あなただけの「お金の答え」を見つける人生のパートナーです。

無料で保険相談

オンラインでも、カフェやご自宅など対面でも、全国どこでもご希望の場所でマネードクターのFPと無料で保険相談可能です。

Webで今すぐ予約

オンラインで今すぐ予約できます。お電話でも可能。お電話でご予約の際はオペレーターに受付番号「12384」とお伝えください。

無料相談予約はこちら|マネードクター

-不妊保険
-, ,

FPパートナーズ
FPパートナーズ

© 2020 justInCase