保険加入・見直し

病気になると保険に入れないって本当?

2019年4月25日


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

一度でも病気や怪我で入院してしまうと、生命保険や医療保険に加入できないと思われている方も多いのではないでしょうか?特に持病がある方の中には保険に加入することを諦めている人も多いと思います。

 

しかし最近の医療保険の中には持病があっても加入することができる保険も多く販売されています。

 

そこで今回は保険に加入することが難しい病気や、持病でも加入できる保険について紹介します。

 

1.病気だと保険に入れない理由

健康な人と持病がある人の保険料が同じ場合、持病のある人の方が給付金を受け取る可能性が高いです。もし健康な人と持病がある人の保障内容が全く同じで、保険料も同じだった場合、契約者間の公平性を保つことができません。

 

そのため生命保険会社は契約者間の公平性を保つために生命保険会社は保険の契約時に被保険者の健康状態や、過去の病歴から契約を引き受けるかどうかを判断します。生命保険会社は健康状態に問題があると判断した場合は、引受不可もしくは一定の条件をつけて引き受けます。そのため持病があったり、病気や怪我で入院してしまった場合は保険に加入できない恐れがあります。

 

2.健康状態は審査する告知書とは

健康状態を審査するために、生命保険や医療保険の申し込みの時に提出する書類が告知書です。告知書の主な質問内容は次の通りです。

 

  • 最近3ヶ月以内に医師から診察、検査、治療、投薬を受けたか?
  • 過去5年以内の病気やケガにより7日以上の入院したことがあるか?
  • 過去5年以内の病気・ケガで手術をしたか?
  • 過去5年以内に身体の各器官のいずれかを対象に医師の診察、検査、治療、投薬を受けたか?
  • 過去2年以内に、健康診断・人間ドック・がんの検診を受けたことがあるか?
  • 過去や今現在もがんにかかった経験があるか?
  • 現在の視力、聴力等で機能障害があるか?
  • 現在、身体の各部位の欠損、変形または機能障害があるか?

 

もし一つでも該当するものがあった場合は、症状や通院や投薬の状況などを詳しく告知書に記載しなければいけません。

 

もし告知書に嘘の内容を記入してしまった場合は、告知義務違反になってしまいます。告知義務違反をしてしまうと、契約が無効になってしまいます。

 


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

3.健康審査で通りにくい病気は?

全ての病気が健康審査に通りにくい訳ではありません。そこで次は特に健康診査で通りにくいと言われてる病気を一緒に見ていきましょう。

 

  • がん
  • 心筋梗塞
  • 脳卒中
  • 肝硬変
  • 糖尿病(合併症あり)
  • 躁うつ病
  • 腎不全
  • 不整脈

 

これらの病気は一般的に審査に通りにくいと言われています。他にも貧血や高血圧症、高脂血症も入院歴があったり、病状が重く症状の改善が確認できない場合は審査に通らないケースが多いです。

 

生命保険会社によって審査基準が異なります。そのためA社では審査が通らなかったけど、B社では通ることもあります。そのためどうしても加入したい場合は複数社の会社へ問い合わせてみるといいでしょう。

 

また生命保険会社は告知の記載内容で健康審査をします。病気や怪我に関する情報が少ない場合、ネガティブな判断をされてしまいます。

 

例えば服用中の薬に関して詳細を記載していなかった場合、強い薬を使っていると判断されてしまい。結果として審査に通りにくくなってしまいます。

 

そのため告知書には正確かつ細かく書いた方が審査に通りやすいです。告知書の書き方によっては審査に通る可能性があるため、どのように記入していいかわからない場合は専門家に相談しましょう。

 

4.病気がある人のための保険

もし持病がある場合は条件付きで保険に加入できる場合もあります。具体的には生命保険の場合、健康な人に比べて高く設定されたり、もしくは一定期間内に死亡した場合に保険金が削減されます。医療保険の場合は持病で入院した場合は給付金が受け取れないなど、このように特別条件付きで契約できる場合もあります。

 

もし条件付きでも加入できない場合は、無告知型や簡易告知型の生命保険や医療保険を選ぶといいでしょう。

 

簡易告知型は引受緩和型とも言われて、告知書の質問内容が通常の保険に比べて少ないです。告知書の質問内容が全て「いいえ」であれば加入できます。また無告知型は健康状態の審査がないため、持病や入院歴があったとしても加入できます。

 

ただし簡易告知型と無告知型は通常の保険に比べると、保険料が割高に設定されています。また契約時から1年以内は保障が半分に設定されているケースが多いため加入時に契約内容に忘れずに確認しましょう。

 

5.病気になったからと行って保険に入れないと諦めないで

持病があったり、通院歴があると保険には加入できないと諦めてしまいがちです。しかし告知書の記入の仕方や、どの保険会社か、どの保険商品を選びかによって加入できる可能性もあります。持病や病気が理由で諦める前にまずは、専門家へ相談してみましょう。

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。

保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。

\いますぐ無料相談予約!/


FPパートナーズ


マネードクターとは

保険も家計も将来も。さらには資産運用など、お金の上手な活用法まで。あなただけの「お金の答え」を見つける人生のパートナーです。

無料で保険相談

オンラインでも、カフェやご自宅など対面でも、全国どこでもご希望の場所でマネードクターのFPと無料で保険相談可能です。

Webで今すぐ予約

オンラインで今すぐ予約できます。お電話でも可能。お電話でご予約の際はオペレーターに受付番号「12384」とお伝えください。

無料相談予約はこちら|マネードクター

-保険加入・見直し
-, ,

FPパートナーズ
FPパートナーズ

© 2020 justInCase