個人年金保険

老後の備えに!ゆうちょ銀行が取り扱う、かんぽの積立保険

2019年4月28日


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

 

つつましい普通の生活をするだけでもある程度お金はかかりますし、趣味などで充実した毎日を過ごしたいとなるとさらに資金がかかります。老後のための資金は、はやいうちに積立しておきたいものです。

 

老後のための準備としておすすめなのが、養老保険などの積立保険です。この記事ではゆうちょ銀行で取り扱っている、かんぽの保険をご紹介します。

 

かんぽの老後資金準備の保険って何があるの

かんぽの老後資金準備に役立つ保険は、大きく分けて二つあります。

 

  • 養老保険
  • 長寿支援保険 長寿のしあわせ

 

将来の備えと満期金を重視する方は養老保険が、長生きへの備えを重視する方は長寿のしあわせが向いているとされます。それぞれについて詳しくご紹介します。

 

かんぽの養老保険について

かんぽの養老保険の特徴は、万一死亡した時は死亡保険金が、無事に満期を迎えた時は満期保険金がもらえること。

 

自分に万一のことがあった時に家族にお金を残したい。老後の資金をしっかり貯めておきたい。両方のニーズを満たしながら、将来のプランをしっかり立てられる積立保険です。

 

また、特約で医療保障をプラスできます。

 

かんぽの養老保険は全部で6種類。

 

(1)新フリープラン

死亡保険金と満額保険金は同額。満期保険金の受け取り年齢を、1年きざみで決められるので、ライフプランが立てやすい保険。たとえば、定年時に設定して、受け取った満期保険金で海外旅行にといったことも可能です。

 

(2)新フリープラン(短期払込型)

死亡保険金と満額保険金は同額。保険料を払う期間が短いタイプの保険です。月々の保険料は高くなりますが、収入の多い時期に短期集中で払い終えるなど、ライフプランに合わせて老後への積立ができます。

 

(3)新フリープラン(2倍保障型)

死亡保険金は満期保険金の2倍。万一の事態にしっかり備えながら、老後の資金を積立てられます。

「自分に何かあっても、家族が不自由しないようにしたい」そんな思いをサポートします。

 

(4)新フリープラン(5倍保障型)

死亡保険金は満期保険金の5倍。万一の事態への備えがメインで、老後の資金にもゆとりを持ちたい方におすすめです。

 

(5)新フリープラン(10倍保障型)

死亡保険金は満期保険金の10倍。万が一の事態への備えがメインで、満期保険金はオマケといったところです。

 

(6)かんぽにおまかせ(満期タイプ)

死亡保険金と満期保険金が同額(ただし、支払削減期間中を除く)。

 

健康に不安があっても加入できるよう引き受け基準を緩和。そのため、保険料は他の種類より割高です。契約からその日を含めて1年以内の支払削減期間は、死亡保険金が半額になります。

 

老後の資金の積立として考えると、(3)~(5)のように死亡保障を手厚くするのは得策ではありません。

 

また、他の保険の死亡保障で充分まかなえるケースも多いので、あくまで満期保険金を受け取るためのものと考えるのをおすすめします。

 

かんぽの長寿のしあわせについて

(出典:https://www.jp-life.japanpost.jp/products/lineup/choju/prd_lu_cj_index.html

 

「老後の資金を充実させたい」「年金にプラスしたい」そんな方に向けて発売された保険で、老後の年金を積立することができます。長生きをしている間の保障が手厚い分、死亡時の保障がなく、保険料払込期間満了前の返戻金の水準が低めです。

 

  • 最終年金支払い年齢までの間、被保険者が生きている限り年金を受け取れる
  • 医療特約を付加しない場合は、無告知で加入できる
  • その年に支払った保険料に応じて、毎年個人年金料控除が受けられる

 

といったメリットがあります。

 

長生きすればするほど、大きな金額が受け取れるという点で時代に合った商品といえるでしょう。ですが、死亡する年齢によっては元本割れするのがデメリットです。

 


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

かんぽの積立保険のメリット

他の保険会社の商品と比べた場合の、かんぽの保険のメリットは以下の2点です。

 

(1)全国の郵便局で取り扱っている

ゆうちょ銀行で取り扱っているので、全国の郵便局の窓口で相談できます。郵便局の数は、全国で20000以上(2019年2月28日時点)。民間の保険会社ではカバーできないエリアもばっちりです。また、保険料の支払いも他の保険会社より早いといわれています。

 

(2)安定性がある

民営化されたとはいえ、一般の保険会社よりは基盤がしっかりしています。長期の積立保険の場合、安定性は大事なポイントです。

 

高齢化社会が進む今、老後の備えはなるべく万全にしたいもの。ゆうちょ銀行が取り扱うかんぽの保険なら、お近くの郵便局で気軽に相談できます。老後のために、一度検討してみてはいかがでしょうか。

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。

保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。

個人年金保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、個人年金保険 / 積立保険に関連する記事をご紹介します。

保険商品別の記事

退職金や貯蓄用の積立保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、退職金や貯蓄用の積立保険に関連する記事をご紹介します。

貯蓄用の保険

\いますぐ無料相談予約!/


FPパートナーズ


マネードクターとは

保険も家計も将来も。さらには資産運用など、お金の上手な活用法まで。あなただけの「お金の答え」を見つける人生のパートナーです。

無料で保険相談

オンラインでも、カフェやご自宅など対面でも、全国どこでもご希望の場所でマネードクターのFPと無料で保険相談可能です。

Webで今すぐ予約

オンラインで今すぐ予約できます。お電話でも可能。お電話でご予約の際はオペレーターに受付番号「12384」とお伝えください。

無料相談予約はこちら|マネードクター

-個人年金保険
-, ,

FPパートナーズ
FPパートナーズ

© 2020 justInCase