生命保険

妊娠中に糖尿病?!生命保険の保障は使えるの?

2019年11月2日


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

この記事は妊娠糖尿病についてと、国民健康保険と生命保険の医療保障が適用になるかどうかをご紹介しています。

妊娠糖尿病とは

妊娠糖尿病とは、妊娠前に糖尿病を発症していない方が、妊娠後に発症した軽度の糖代謝異常を言います。

インスリンは血糖値を下げる働きをしますが、女性が妊娠した際に形成される胎盤から分泌されるホルモンには、インスリンの効きを悪くする因子が含まれます。

そのため、胎盤が発達する妊娠中期以降は、インスリンの作用不足による高血糖状態が続き、より多くのインスリンを分泌しないと血糖値を正常に保つことが出来なくなり、妊娠糖尿病を発症するとされています。

お母さんの高血糖は、胎盤を通して赤ちゃんに伝わりますが、インスリンは胎盤を通過できないため赤ちゃんにも影響を及ぼし合併症を引き起こす可能性があります。

妊娠糖尿病の分類

妊娠糖尿病は以下の2種類があります。

  1. 糖尿病がある方の妊娠 → 糖尿病合併妊娠
  2. 妊娠中に初めて糖尿病が発見される → 糖代謝異常

また、妊娠中に初めて糖尿病が発見される糖代謝異常の中でも、細かく2つに分類されます。

  1. 明らかに血糖値が高くて妊娠中に判明した → 糖尿病
  2. 正常よりも血糖値が高いが糖尿病と診断するほどは高くない → 妊娠糖尿病

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

国民健康保険と医療保険の適用について

妊娠糖尿病を発症して治療した際に国民健康保険と民間医療保険が適用されるかについてご紹介します。

国民健康保険の場合

妊娠糖尿病はすぐに適切な治療が必要な状態ですので、国民健康保険が適用されます。

万が一入院費が高額になっても、月初から月末までの1ヵ月間に、国民健康保険の自己負担金の条件を超える部分に関しては、国民健康保険の高額療養費制度で支払いを免除される可能性がありますので、お住まいの市区町村の窓口へお問い合わせをお願いします。

民間の生命保険の場合

現在加入している保険商品の契約内容によって違いがありますが、妊娠糖尿病を発症し医療行為を受け、国民健康保険の適用対象となった場合を医療保障の対象にしている生命保険も販売されているようです。

いざという時に慌てることが無いように、現在加入している保険契約の内容について、保険会社の問い合わせ窓口へ必ず確認をするようにしてください。

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。

保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。

生命保険と健康診断に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、生命保険と健康診断に関連する記事をご紹介します。

\いますぐ無料相談予約!/


FPパートナーズ


マネードクターとは

保険も家計も将来も。さらには資産運用など、お金の上手な活用法まで。あなただけの「お金の答え」を見つける人生のパートナーです。

無料で保険相談

オンラインでも、カフェやご自宅など対面でも、全国どこでもご希望の場所でマネードクターのFPと無料で保険相談可能です。

Webで今すぐ予約

オンラインで今すぐ予約できます。お電話でも可能。お電話でご予約の際はオペレーターに受付番号「12384」とお伝えください。

無料相談予約はこちら|マネードクター

-生命保険
-, ,

FPパートナーズ
FPパートナーズ

© 2020 justInCase