妊娠保険

妊娠高血圧症候群で入院?!保険は効くの?

2019年11月9日


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

妊娠高血圧症候群について

妊娠中の高血圧のことを、妊娠高血圧症候群と呼んでいます。

妊娠高血圧症候群とは

妊娠高血圧症候群とは、2005年4月から使用されている病名妊娠中の高血圧の症状のことを指していて、以前は「妊娠中毒症」と呼ばれていた症状のことです。

妊娠中毒症の定義は、「妊娠20週以降、分娩後12週まで高血圧がみられる場合、または、高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものでないもの」とされています。

妊娠高血圧症候群の発症率

妊娠高血圧症候群は、初産婦やBMI 25以上の肥満傾向にある方が発症する可能性が高くなる傾向があります。

年齢では、35歳以上の発症率が高く、お腹の赤ちゃんにも影響があり胎児発育不全や低出生体重児になる可能性があり、入院措置が取られることもありますのでご注意ください。

妊娠高血圧症候群の保険適用について

妊娠中の高血圧症状の妊娠高血圧症候群の保険適用についてご紹介します。

国民健康保険

妊娠高血圧症候群での入院や治療は健康保険が適用されます。

自然分娩や妊婦検診は健康保険の対象にはなりませんが、妊娠に関わる症状で病気だと医師が診断し、治療の必要があると認められた場合は、国民健康保険の適用となります。

妊娠高血圧症候群の場合は、診察や薬代だけでなく、通常なら全額自己負担になる超音波検査が行われても健康保険の対象になりますので、必ず病院で治療を受けるようにしてください。

他にも、国民健康保険の対象になる症状の一部を記載します。

  • 切迫早産
  • 帝王切開
  • 吸引分娩
  • 妊娠悪阻
  • 前期破水
  • 子宮頸管無力症

民間の医療保険

妊娠高血圧症候群は、民間の医療保険でも保障の対象になっているものが多く、入院日額や入院一時金などが支給されるケースが多くなっています。

保険商品によって保障内容が違い、妊娠した後に保険に加入した場合には、妊娠に関わる疾病が保障の対象になっていないというケースもありますので、必ず保険会社への確認と問い合わせをしてください。

自治体の助成金制度について

妊娠高血圧症候群での入院に関しては、自治体が助成金精度を運用している場合があります。

助成金の利用には一定の条件がありますので、必ず事前にお住まいの地域の福祉保健局への確認をするようにしてください。

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。
保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。

妊娠前に知っておきたい記事をご紹介

当ブログ内で、妊娠前に知っておきたい記事をご紹介します。

保険の選び方

妊娠検査と保険

保険商品別の記事


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

妊娠した時の保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、妊娠した時の保険に関連する記事をご紹介します。

中絶した時の保険適用に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、中絶した時の保険適用に関連する記事をご紹介します。

妊娠中の保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、妊娠中の保険に関連する記事をご紹介します。

出産後の保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、出産後の保険に関連する記事をご紹介します。

\いますぐ無料相談予約!/


FPパートナーズ


マネードクターとは

保険も家計も将来も。さらには資産運用など、お金の上手な活用法まで。あなただけの「お金の答え」を見つける人生のパートナーです。

無料で保険相談

オンラインでも、カフェやご自宅など対面でも、全国どこでもご希望の場所でマネードクターのFPと無料で保険相談可能です。

Webで今すぐ予約

オンラインで今すぐ予約できます。お電話でも可能。お電話でご予約の際はオペレーターに受付番号「12384」とお伝えください。

無料相談予約はこちら|マネードクター

-妊娠保険
-, ,

FPパートナーズ
FPパートナーズ

© 2020 justInCase