妊娠保険

妊娠出産でかかる費用と公的医療保険が適用されるケースについて

2019年4月25日

コロナ助け合い保険

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

初めて妊娠出産を経験される方は、体の変化や様々なストレスで日々悩まれていらっしゃるのではないでしょうか。

中でも金銭面については、いままで経験したことがないだけにどのくらい費用がかかるのか見当がつかず、不安が大きくなっていることと思います。

この記事では、妊娠出産にかかる費用と、行政から支払われる助成金や一時金についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

妊娠 / 出産でかかる費用

妊娠出産費用

妊娠出産中は仕事を休むことになるため収入が減ってしまう反面、意外と出費が多くなってします。

そのため妊娠出産に向けてどのくらいお金が準備したらいいか気になる人も多いのではないでしょうか?

そこでまずは妊娠出産に必要なお金について一緒に確認していきましょう。

妊婦健診費用

妊娠出産でかかる費用の1つとして妊婦健診費用が挙げられます。

妊婦健診は妊婦健康診査のことで、母子の健康状態に問題がないかを確認する大切な検診で、受診のペースは、以下の頻度で計14回が目安とされています。

妊婦健診頻度

  • 妊娠初期 ~ 23週目まで → 4週間に1度
  • 妊娠24週 ~ 35週まで → 2週間に1度
  • 妊娠36週 ~ 出産まで → 1週間に1度

検診費用は1回3千円から5千円ですが、検査で異常がみつかった場合、費用が1万円を超える場合もあります。

※妊婦健診の費用は地方自治体から検診金額の一部が助成される場合がありますので、必ず事前にお住まい地域の市役所や区役所にお問い合わせをお願いします。

実家で出産する際の帰省費用

妊娠出産でかかる費用の1つに、実家での出産をお考えの方は実家までの帰省費用が挙げられます。

妊娠や出産時は体の変化や悪阻等、様々なストレスから情緒が不安定になってしまうので、安心して出産に備えられる実家に戻り親元で出産をしようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時に必要になるのが、実家への帰省費用で、移動の交通費以外にも、様々な荷物を宅急便で送ったりと費用がかかる場合があります。

出産費用

妊娠出産でかかる費用の1つに出産費が挙げられます。

病院や入院日数によって異なりますが、出産する際は50万円程度必要とされています。

※自然分娩の場合国民健康保険が適用されませんので出産費用で不安を感じる方もいらっしゃると思いますが、国保加入者が出産した場合、出産一時金42万円が貰えますので、必ず事前にお住まい地域の市役所や区役所にお問い合わせをお願いします。

マタニティ / ベビー用品の購入費用

妊娠出産でかかる費用の1つにマタニティ / ベビー用品の購入費が挙げられます。

妊娠した際に着用するマタニティウェアや、生まれてくる赤ちゃんのために哺乳瓶やオムツ、ベビーベット等の購入を新品ですると、一式を揃えるのに約13万円程度必要とされています。

出産祝いのお返し

妊娠出産でかかる費用の1つに、出産祝いのお返しが挙げられます。

出産祝いをいただいた場合のお返し費用の相場は、いただいた金額の半分程度が目安で、タイミングはお宮参りが終わった生後1ヵ月過ぎとされています。

妊娠 / 出産に関わる助成と手当

妊娠出産の時に申請することでもらえるお金があります。

受け取るためには手続きが必要になるため、妊娠がわかって時点で手続き方法など早めに確認しましょう

妊婦健診費の助成

妊娠 / 出産に関わる助成制度の1つに、妊婦健診費の助成が挙げられます。

自治体によって内容が異なりますが、14回分の検診チケットか検診費用の一部補助をしてもらえます。

※必ず地域の市役所や区役所にお問い合わせをお願いします。

出産育児一時金

妊娠 / 出産に関わる助成制度の1つに、出産育児一時金の支給が挙げられます。

健康保険に加入している人が出産された際、お子様1人につき42万円の出産育児一時金を受け取ることができます。

産科医療補償制度に加入していない産院で出産した場合、一時金が39万円に減額されますので、ご注意ください。

※制度について詳しく知りたい方は、ご加入の健康保険組合、国民健康保険の方は市役所や区役所にお問い合わせをお願いします。

出産手当金

妊娠 / 出産に関わる助成制度の1つに、出産手当金の支給が挙げられます。

出産手当金は、会社で加入する健康保険から支給される手当金で、産後職場復帰の予定がある方が受け取れます。

妊娠 / 出産で適用される公的医療保険

妊娠 / 出産は、病気や怪我の状態ではないので、健康保険は適用されませんが、場合によって健康保険が適用される事があります。

以下に一部をご紹介します。

妊娠中

妊娠中に悪阻や切迫流産や切迫早産などで、医療的措置が行われた場合、治療費や入院費用などは健康保険が適用されます。

出産時

出産時に微弱陣痛などのため陣痛促進薬を使用したり、帝王切開の手術を行った場合は医療的措置が行われた際は、健康保険が適用されます。

公的医療保険が適用される治療費は医療費控除の対象や、医療保険の給付対象になる可能性がありますので、加入している保険会社へ確認をしてください。

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。

保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。

妊娠前に知っておきたい記事をご紹介

当ブログ内で、妊娠前に知っておきたい記事をご紹介します。

保険の選び方

妊娠検査と保険

保険商品別の記事


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ
コロナ助け合い保険

妊娠した時の保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、妊娠した時の保険に関連する記事をご紹介します。

中絶した時の保険適用に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、中絶した時の保険適用に関連する記事をご紹介します。

妊娠中の保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、妊娠中の保険に関連する記事をご紹介します。

出産後の保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、出産後の保険に関連する記事をご紹介します。

\いますぐ無料相談予約!/


FPパートナーズ


マネードクターとは

保険も家計も将来も。さらには資産運用など、お金の上手な活用法まで。あなただけの「お金の答え」を見つける人生のパートナーです。

無料で保険相談

オンラインでも、カフェやご自宅など対面でも、全国どこでもご希望の場所でマネードクターのFPと無料で保険相談可能です。

Webで今すぐ予約

オンラインで今すぐ予約できます。お電話でも可能。お電話でご予約の際はオペレーターに受付番号「12384」とお伝えください。

無料相談予約はこちら|マネードクター

-妊娠保険
-, ,

FPパートナーズ
FPパートナーズ

© 2020 justInCase