妊娠保険

妊娠していても入れる!共済保険をご紹介します

2019年5月6日


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

妊娠していると保険に加入しづらいという話しを聞いたことがありませんか?妊娠した後で保険に加入しようとすると妊娠に関する告知事項がある保険には加入できなかったり、加入できても条件がついたりしてしまいます。妊娠していというだけで、申込み対象者から外れてしまうこともあります。ですが、妊娠していても入れる保険がまったくないわけでありません。今回は妊娠している方でも加入できる共済保険についてご紹介していきます。

 

共済保険ってなに?

共済保険と医療保険の違い…それは、営利を目的としているかどうかです。保険会社の医療保険などは当然、営利目的も含まれています。保険会社も経営ですから、これは致し方ないことです。ですが、共済保険は営利を目的にしていません。共済の理念は「相互扶助」つまりたすけあいの精神で作られているのが共済保険なのです。

 

誰でも、条件を満たせば入れる民間の医療保険とは違って、共済保険の場合はまず組合員であることが加入の前提となっています。

 

都道府県民共済

 

テレビコマーシャルでもお馴染みの都道府県民共済は、各都道府県ごとに運営されている共済保険です。

 

妊娠していても入れる!

都道府県民共済は、妊娠していても加入できる保険です。

 

一例として、かながわ県民共済を上げてみると

 

  • 契約申込日から過去3年以内に、妊娠分娩に関する異常(帝王切開を含みます。)により入院または手術を受けた方
  • 契約申込日現在、医師から妊娠分娩に関する異常(帝王切開を含みます。)・産褥の合併症等の入院または通院による治療をすすめられている方

【引用:https://www.kenminkyosai.or.jp/safe/lineup/pre/index.html#gimu

 

は加入できないとされています。

 

妊娠しているというだけで加入ができないという内容の告知事項ではないため、上記に該当しない妊婦さんであれば、加入できる可能性が高い保険です。

 

都道府県民共済は、お住まいになっている都道府県のものに加入することになりますが、運用に関して大きな差があるということはないようです。自分が住んでいる地域の都道府県民共済に問い合わせをしてみてくださいね。

 

都道府県民共済

https://www.kyosai-cc.or.jp/yakusoku/

 

コープ共済

コープ共済は、ホームページ上でもはっきりと「妊娠していても入れる」とコマーシャルされている共済保険です。

コープ共済の「たすけあい」

コープ共済の「たすけあい」には、妊娠に関する告知事項がなく、妊娠していても入れる保険です。

 

たすけあいの魅力は、幅広い補償と手頃な掛け金です。たすけあいの女性コースでは、月に2,000円の掛け金で、入院日額5,000円、女性特定病気入院の日額3,000円、死亡保障100万円などの手厚い保障をうけることができます。

 

  • L2000円コース…日額 5,000円 死亡保障100万円
  • L3000円コース…日額 7,000円 死亡保障300万円
  • L4000円コース…日額10,000円 死亡保障500万円

 

コースに関わらず、女性特定病気入院てら上乗せされる日額3,000円は一律になっています。死亡保障までついてこの保険料はとてもリーズナブルですよね。

 

加入にあたっては、コープの組合員にならなければなりませんが、その点を鑑みても保険商品としてとても魅力があります。妊娠していると買い物に行くのがつらいということもあるでしょうから、コープの宅配のサービスを利用できるのもメリットとして捉えることもできますよね。

 

コープ共済では、先進医療特約や個人責任賠償保の特約を付けることもできます。より幅広く手厚い保障を受けたいという方にぴったりです。

 

コープ共済

http://coopkyosai.coop/

 

自然分娩は保障されないので注意

妊娠していても入れる都道府県民共済やコープ共済ですが、自然分娩で出産した場合は保険の保障はありません。

 

これは、自然分娩は病気ではないからで、自然分娩で入院した場合でも入院日額などは支払われません。ですが、医師の判断で帝王切開など異常分娩になった場合は保険金を受け取ることができます。

 

自然分娩の場合に保険の保障をうけられないのは、他の保険や健康保険でも同じ対応ですので、これはどうすることもできません。

 

民間の保険商品には、出産の際に祝い金が出るタイプのものもありますか、共済保険ではい今のところそのようの保険商品はないようです。

 

また、通院の補償に関しても妊婦検診は保障されませんので、ご注意ください。妊妊娠してから入れる共済保険で保障されるのは、異常分娩などの場合ですので、保障されるものとそうでないものをしっかり確認しておきましょう。

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。
保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

妊娠前に知っておきたい記事をご紹介

当ブログ内で、妊娠前に知っておきたい記事をご紹介します。

保険の選び方

妊娠検査と保険

保険商品別の記事

妊娠した時の保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、妊娠した時の保険に関連する記事をご紹介します。

中絶した時の保険適用に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、中絶した時の保険適用に関連する記事をご紹介します。

妊娠中の保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、妊娠中の保険に関連する記事をご紹介します。

出産後の保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、出産後の保険に関連する記事をご紹介します。

\いますぐ無料相談予約!/


FPパートナーズ


マネードクターとは

保険も家計も将来も。さらには資産運用など、お金の上手な活用法まで。あなただけの「お金の答え」を見つける人生のパートナーです。

無料で保険相談

オンラインでも、カフェやご自宅など対面でも、全国どこでもご希望の場所でマネードクターのFPと無料で保険相談可能です。

Webで今すぐ予約

オンラインで今すぐ予約できます。お電話でも可能。お電話でご予約の際はオペレーターに受付番号「12384」とお伝えください。

無料相談予約はこちら|マネードクター

-妊娠保険
-, ,

FPパートナーズ
FPパートナーズ

© 2020 justInCase