妊娠保険

妊娠中に管理入院になったら保険はどうなるの?妊娠中の入院で使える保険をチェック

2019年4月25日

妊娠中に管理入院になったら保険はどうなるの?妊娠中の入院で使える保険をチェック
コロナ助け合い保険

妊娠中の女性は様々な症状が身体に現れやすくなり、医師の判断で出産予定日より前に経過観察のため入院して治療をする場合があります。

予期せぬ入院になると、お腹の赤ちゃんが心配ですが、治療費や入院費についても心配になりますよね。

この記事では、管理入院になったら際の保険適用と、妊娠中の入院で使える医療保険についてご紹介します。

管理入院とは

管理入院とは、妊娠女性の身体に不調があると医師が判断した際、経過観察のため出産予定日よりも前に、入院をして治療をすることです。

管理入院の理由は様々で、急に入院が必要になるケースも少なくありませんので、妊娠中の方は「管理入院になる可能性」について、心の準備をしておきましょう。

管理入院の保険適用について

管理入院の保険適用についてご説明します。

健康保険

管理入院となる理由は複数あり、全てのケースに適用されるわけではありませんが、医師の判断で、管理入院が必要となり治療が行われた場合、健康保険が適用されます。

※管理入院になる理由は複数あり、全ての管理入院で健康保険が適用されるとは限りません。

民間の医療保険

民間の医療保険の保険適用については、妊娠前に加入していた保険であれば、契約内容によって支給の有無は変わってきますが、管理入院でも保険金が支払われる場合もあります。

妊娠後に保険加入をして、条件がついている場合や、管理入院は対象外とい保険商品が全くないわけではないので、加入している保険商品の問い合わせ窓口に確認をしてください。

医療保険に加入して管理入院に備えよう

妊娠してからでも加入出来る医療保険をご紹介します。

新ABCおかあさん保険Ⅱ

妊娠中に管理入院になったら保険はどうなるの?妊娠中の入院で使える保険をチェック

数少ない妊婦さん向けのプランを用意しているのが、「新ABCおかあさん保険Ⅱ」です。

新ABCおかあさん保険Ⅱは妊娠19週目までで、健康に大きな問題がなければ契約可能となっていて、契約前に解っていた妊娠での出産時に帝王切開などの異常分娩になっても手術一時金が支払われます。

※帝王切開の原因や兆候が契約時より前にあった場合は対象外。

また、子特約Ⅱという毎月500円の特約をつけることで、お母様とほぼ同じ保障をお子様にもつけることもできますので、妊娠出産時だけでなく産後も安心な保険商品です。

保険商品概要

エブリワン

妊娠中に管理入院になったら保険はどうなるの?妊娠中の入院で使える保険をチェック

妊娠していても入れる保険の中でも、妊娠後期までカバーしてくれるのがエイ・ワン少額短期保険株式会社が展開している「エブリワン」です。

エブリワンの大きな特徴は、健康の問題がなければ妊娠24週目まで加入できるという点で、妊娠24周目まで加入可能な保険はほかにはほとんどありません。

保険料もリーズナブルですし、保障内容もかなり充実していますので、妊娠後期の方だけでなく、不妊治療中の方や、うつと診断された方でも加入できるという懐が深い保険商品です。

エブリワンは、妊娠してからの保険契約加入でも、異常分娩に分類される帝王切開、吸引分娩、鉗子分娩が保障の対象になっていますので、万が一の際に備えた加入されてみてはいかがでしょうか。

保険商品概要

  • 企業名:エイ・ワン少額短期保険
  • 保険商品名:エブリワン
  • 問い合わせ電話番号:0120-331-788

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。

保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。

妊娠前に知っておきたい記事をご紹介

当ブログ内で、妊娠前に知っておきたい記事をご紹介します。

保険の選び方

妊娠検査と保険

保険商品別の記事

コロナ助け合い保険

妊娠した時の保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、妊娠した時の保険に関連する記事をご紹介します。

中絶した時の保険適用に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、中絶した時の保険適用に関連する記事をご紹介します。

妊娠中の保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、妊娠中の保険に関連する記事をご紹介します。

出産後の保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、出産後の保険に関連する記事をご紹介します。

-妊娠保険
-, ,

© 2020 justInCase