保険 医療保険

眼瞼下垂ってなに?美容整形の保険適用はどうなる

2019年3月27日

眼瞼下垂-保険適用
コロナ助け合い保険

この記事を読まれている方は、加齢による瞼(まぶた)の筋肉の弛みが気になっていたり、よく知人や同僚からいつも「眠たそうですね」と言われている方で、眼瞼下垂について情報を集めていらっしゃる方なのではないでしょうか。

この記事では、眼瞼下垂とはどのような状態のこと指すのか、改善するための方法や保険の適用についてご紹介します。

眼瞼下垂とはどんな状態のことか

眼瞼下垂-キャッチ

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、目を開いた時に瞼が、くろめ(角膜)の上方が少し隠れる高さより下がっている状態のことをいいます。

まぶたを引き上げるための眼瞼挙筋という筋肉に、異常がある先天性と、加齢や神経麻痺により症状が現れる後天性の二種類があります。

眼瞼下垂になるとどうなるの

眼瞼下垂は瞼(まぶた)を引き上げる筋肉や筋、神経に異常があり瞼をうまく持ち上げることができなくなり、目を開けているのが疲れるという状態です。

上瞼が下がったままになるので、視界が狭くなり日常生活に支障がでたり、額にシワが増えて気になる場合もあります。

ご自身が眼瞼下垂かもしれないと感じられた際は、早めに専門医を受診して適切な治療を行いましょう。

コロナ助け合い保険

国民健康保険と民間医療保険の適用について

眼瞼下垂の治療で、国民健康保険と医療保険の適用についてご紹介します。

国民健康保険の場合

眼瞼下垂の治療は、美容整形と同じように見られることが多いのですが、美容整形とは区別されていて、国民健康保険が適用がされる治療です。

手術の方法には、上眼瞼切開法 / 拳筋前転法 / 拳筋短縮法といった方法がありますが、そのいずれも国民保険適用が適用されますので、美容整形のように費用がかかる心配がありません。

民間医療保険の場合

民間の医療保険に加入されている方は、眼瞼下垂の治療で手術が必要になった場合、給付金が支払われるケースもあります。

民間の医療保険へ加入されている方は、念のため保険商品のお問い合わせ窓口へ確認をしてみてください。

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。

-保険, 医療保険
-, ,

© 2020 justInCase