個人年金保険

積立保険ってなに?満期返戻金を貰えるので計画的な貯蓄にもオススメ!

2019年4月24日

コロナ助け合い保険

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

積立保険とは

 

保険には「掛け捨て」と「積立」タイプがあります。掛け捨てとは、仮に保険を使わなくても、保険料は返ってきません。自動車保険などが掛け捨ての保険になります。そして、積立保険とは、貯蓄を目的にした保険で毎月支払う保険料が貯金のように積立られていき、満期が来た場合には返戻金として貰える保険です。

 

積立保険にはどんなものがある?

積立保険の代表的なものとしては

 

  • 学資保険
  • 終身保険
  • 個人年金保険
  • 養老保険

 

などです。

 

学資保険は、子供の教育資金を計画的に用意する目的で加入するもので満期金の返戻率が100%を超えるケースもあります。

 

終身保険とは、契約者が死亡したときに保険金が支払われる生命保険で、一生涯を通して契約が続くタイプの保険です。

 

個人年金保険は、老後の生活費のために若い内から積み立てておくもので、国民年金や厚生年金などの公的年金に上乗せされる「第3の年金」と呼ばれています。

 

養老保険は、生命保険の一種なのですが、保障期間が定められているのが特徴です。満期の際に支払われる、保険金は死亡保険金と同額となるものもあります。契約者の死亡で満期を迎える終身保険とは内容がことなる保険です。

 

積立保険で計画的に貯蓄ができる

 

積立保険は、貯蓄に向いているとよく言われるのですが、果たして本当に向いているのでしょうか。

 

保険なのに貯蓄ができるのはなぜ?

保険とは、万が一のために備えておくためのものですよね。自動車保険も医療保険もがん保険も万が一に備えるために加入します。

 

万が一の時の安心のために加入する保険なのに、なぜ、貯蓄ができるのか不思議に思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

積立保険は、単に「万が一に備える」だけではないのです。「備え」に「満期返戻金」という形での貯蓄的な要素が加えられているので、貯蓄ができるのです。

 

保険そのものの目的は、補償です。例えば、学資保険を例に挙げると万が一とは「契約者(保護者)の死亡」などです。万が一契約者が死亡してしまったら、保険料の支払いが免除された上で計画内容通りの満期金を受けとることができるのです。

 

つまり、ある一定の条件を満たすことお金が貰えるということです。その一定の条件の中で、万が一ではないものが「満期」です。

 

貯蓄により適した貯蓄型

貯蓄型の積立保険の場合、総支払額より満期金額の方が大きくなります。学資保険などで一定の契約条件を満たしていれば返戻率が100%を超えて総支払額のトータルが満期金より少なくなります。

 

これは、貯蓄に言い換えるなら金利のようなもので、返戻率100%を超えて数字が大きくなればなるほど、総支払額と満期金の差で得をするという仕組みになっています。

 

ですが、注意も必要で「貯蓄型」の積立保険でもたくさんの特約を付けたり、分割払いにしたりすると元本割れしてしまうことがあります。保険と貯蓄をひとつにするという考え方をするのであれば、元本割れをしても特約をつけるという方法もあります。ですが「効率的な貯蓄をしよう」という場合には、特約を付けずにまとめて保険料を支払うとよいでしょう。

 


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ
コロナ助け合い保険

定期預金にないメリットとは

積立保険は、契約内容などに注意してポイントを押さえれば貯蓄にも向いている ことは解っていただけたのではないかと思います。「でも、それなら定期預金でもいいのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

最後に、定期預金にはない積立保険のメリットを見ていきましょう。

 

補償と計画的な貯蓄を両立できる

貯蓄を目的にした積立保険でも、契約者の死亡や高度障害などの万が一に備えることができます。

 

例えば、学資保険の「支払い免除特約」では、契約者が死亡したり高度障害を負った場合には以降の保険の支払いが免除されて満期金は予定通り受け取ることができます。もし、これが定期預金ならどうでしょう。今までコツコツ貯金してきたものは確実に残りますが、支払いが免除されることはありませんし、そこで貯蓄がストップしてしまうこともあるでしょう。

 

このように、積立保険には定期預金にはない安心の要素が加わっているのです。

 

そして、積立保険は「支払うべきお金」という意識が生まれやすいので、計画的に資金をためやすいのです。普通預金で貯蓄をしている場合は「今月は他の出費があったからいいか」となる可能性は大…。定期預金でも解約すればすぐに使えます。その点、積立保険は途中で解約すると返戻率が大幅にダウンしてそんをしてしまうので、解約するという選択肢がほとんどなくなってしまうのです。これは積立保険のデメリットとも言われる点ですが、「貯金が苦手」という方でも積立保険ならお金を計画的に貯めやすいというメリットでもあります。

 

参考資料:日本損保協会http://soudanguide.sonpo.or.jp/basic/2_2.html

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。

保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。

個人年金保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、個人年金保険 / 積立保険に関連する記事をご紹介します。

保険商品別の記事

退職金や貯蓄用の積立保険に関連する記事をご紹介

当ブログ内で、退職金や貯蓄用の積立保険に関連する記事をご紹介します。

貯蓄用の保険

\いますぐ無料相談予約!/


FPパートナーズ


マネードクターとは

保険も家計も将来も。さらには資産運用など、お金の上手な活用法まで。あなただけの「お金の答え」を見つける人生のパートナーです。

無料で保険相談

オンラインでも、カフェやご自宅など対面でも、全国どこでもご希望の場所でマネードクターのFPと無料で保険相談可能です。

Webで今すぐ予約

オンラインで今すぐ予約できます。お電話でも可能。お電話でご予約の際はオペレーターに受付番号「12384」とお伝えください。

無料相談予約はこちら|マネードクター

-個人年金保険
-

FPパートナーズ
FPパートナーズ

© 2020 justInCase