学資保険

年齢制限がない学資保険はあるの?子供が大きくなっても加入できる?

2019年4月24日


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

年齢制限がない学資保険はない

 

学資保険に加入する場合

 

・契約者(保護者)の年齢

・子供の年齢

 

の2つの条件があります。

 

年齢制限に関しては、保険会社やプランごとに異なりますが、年齢制限が全くない学資保険は存在していません。

 

学資保険で貯蓄をする理由は、子供が高校や大学に進学するときに必要なお金を計画的に準備しつつ、万が一の時のための支払い免除特約で安心を手に入れるためです。特に、大学進学の際には数百万円単位でお金が必要ですから、十分に資金を積み立てるためには長い時間をかけてコツコツと保険料の支払いをしていく必要があります。子供の年齢制限があるのはこのためです。

 

仮に子供が0才から加入していれば、毎月1万円の掛け金で良いプランでも、子供が12才になっていたら毎月の支払額が3万円以上になることもあります。掛け金が大きいとその分家計への負担が大きくなりますから、中途解約が増えてしまうのです。

 

保険会社にとっては中途解約はできるだけ少ない方がいいわけですから、どうしてもそのリスクを減らすために年齢制限が必要なのです。

 

学資保険に加入できる子供の年齢制限は0才から6才くらいまでの間に設定されていることが多く、各保険会社の看板プランとして高い返戻率や充実した補償が魅力のプランは、どうしても年齢制限が厳しくなる傾向があります。

 

中には、子供が10才を超えていても加入できる学資保険もありますが、選択肢はどうしても少なくなってしまいます。

 

安心と高い返戻率の両方を兼ね備えた条件の良い学資保険に加入したいのであれば、子供が生まれる前から各保険会社のプランを吟味しておくのが一番です。

 

そして、契約者(保護者)にも年齢制限があります。最も年齢制限が高いものはJAのこども共済で契約者が75才まで加入できます。多くの保険会社で契約者の年齢制限は、60才から65才に設定されていることが多く、契約者の年齢制限がない学資保険もありません。

 

学資保険に加入する理由は?

 

年齢制限がある学資保険は、貯蓄を目的とした保険商品で、満期を迎えた場合にはまとまった金額を受け取ることができます。

 

満期前の状態であれば、契約者が死亡した場合や高度な障害を負った場合には保険料の支払いが免除されて補償と学資金は契約内容通りに受けられるという「支払い免除特約」があります。

 

この支払い免除特約は万が一に備えるという意味でとても有意義です。定期預金や普通預金で子供にお金を残すより学資保険の方がより大きな安心があるのです。

 


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

学資保険に加入するベストなタイミング

 

 

学資保険には年齢制限があること、そして、学資保険に加入していれば万が一の時にも子供に教育資金を残してあげられることが解りましたが、では、学資保険に加入するベストなタイミングはいつなのでしょうか。

 

早く加入するのがオススメ

 

学資保険は、子供の年齢が若いほど返戻率が高くなります。返戻率とは、預金で言うところの利子みたいなもので100%を超える返戻率の場合は実際に支払った金額より満期でもらえるお金の方が多くなります。

 

まだ、お子さんが小さいという段階で学資保険への加入を検討しているのであれば、できるだけ早めに加入することをオススメします。

 

子供が生まれる前でも加入できる

 

学資保険に加入できるタイミングで、最も早いものは妊娠140日から加入することができます。

 

学資保険の年齢制限は子供と契約者(保護者)の両方にあります。そして、子供も方がも若い方が返戻率が高くなるのです。

 

子供の年齢と比例して契約者も年を重ねるわけですから、できるだけ早く加入するほうがよいのです。また、子供の年齢が低い方がその分、支払い期間を長くすることができますので、毎月の負担も軽くなります。

 

子供が大きくなってから加入する場合

 

 

最も理想的な学資保険への加入は、子供が小さいうたに加入しておくことですが、ある程度成長していても加入できる学資保険もあります。

 

ソニー生命のⅠ型なら8才まで、Ⅱ型なら12才まで加入できます。また、はじめのかんぽの大学進学に備えるコースも子供が12才まで加入できるので、ある程度大きくなっていても入れる学費保険はあります。

 

受け取れる学費金の額などに制限は出てきますが、何もないより安心であるのは間違いありません。

 

子供が多くなるとどうしても選択肢は限られてしまいますが、12才までなら加入できる学資保険もあるので、あきらめず加入を検討されてくださいね。

 

参考資料  はじめのかんぽ https://www.jp-life.japanpost.jp/products/lineup/gaksi/prd_lu_gks_index.html

 

ソニー生命 https://www.sonylife.co.jp/gakushi/?cid=ovt460&waad=GoOv6SxI

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。

保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。

申込み前に知っておきたい記事をご紹介

当ブログ内で、学資保険に申込み前に知っておきたい記事をご紹介します。

保険商品別の記事

\いますぐ無料相談予約!/


FPパートナーズ


マネードクターとは

保険も家計も将来も。さらには資産運用など、お金の上手な活用法まで。あなただけの「お金の答え」を見つける人生のパートナーです。

無料で保険相談

オンラインでも、カフェやご自宅など対面でも、全国どこでもご希望の場所でマネードクターのFPと無料で保険相談可能です。

Webで今すぐ予約

オンラインで今すぐ予約できます。お電話でも可能。お電話でご予約の際はオペレーターに受付番号「12384」とお伝えください。

無料相談予約はこちら|マネードクター

-学資保険
-

FPパートナーズ
FPパートナーズ

© 2020 justInCase