学資保険

学資保険加入前に知っておきたい事と代わりになる保険を紹介

2019年4月25日


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

この記事を読まれている方は、お子様の教育資金を蓄えるため、学資保険への加入を検討されている方なのではないでしょうか。

お子様の将来を考え、より良い教育を受けさせたいと願うのが親心ですが、増加傾向にある教育費の負担を重いと感じるご家庭が少なくないのも現実です。

この記事では、学資保険加入前に知っておきたい事と、学資保険以外の保険で教育資金を準備する方法を紹介します。

学資保険とは

学資保険はお子様の教育費を準備するため保険で、進学に合わせて祝い金や満期金を受け取ることができます。

万が一保険期間中に契約者が亡くなり以後の保険料の支払えなくなっても、祝い金や満期金を受け取ることができるなど、お子様のことを考えた商品設計がされているのが特徴です。

学資保険加入前に知っておきたいこと

学資保険加入前に知っておきたいことをご紹介します。

貯蓄性が低い

学資保険加入前に知っておきたいことの1つ目は、学資保険は貯蓄性が低いということです。

過去バブル期以前の学資保険は予定利率が今に比べると高かったため、銀行に預金するよりお金を増やせる可能性がありました。

しかし、現在はバブル期以降のマイナス金利の影響により、予定利率や返戻率は低下傾向にあります。

インフレリスクに弱い

学資保険加入前に知っておきたいことの2つ目は、インフレリスクに弱いということです。

学資保険は契約時に満期の金額を決めるので、物価の変動によって予定利率が変動せず、インフレリスクに対応できません。

インフレリスクとは、物価が上昇してインフレが起こり、お金の価値が下がってしまう可能性のことです。

例えば満期時300万円を受け取れる学資保険があったとします。

加入当時は300万円で大学受験や入学費用として充分だったはずが、満期時に10%物価が上昇してしまっていると、330万円が必要となり、不足した30万円分は損をしてしまうということです。

途中解約は元本割れの可能性が高い

学資保険加入前に知っておきたいことの3つ目は、途中解約をすると元本割れしてしまう可能性が高いということです。

保険契約の満期まで年数があるにも関わらず、一時的にお金が必要等の理由で途中解約してしまうと、返戻率は100%から下がり元本割れしてしまう可能性が高くなります。

学資保険は一時的にお金を引き出すことを想定していない商品ですのでご注意ください。


\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

\いますぐ無料相談予約!/ FPパートナーズ

学資保険以外で教育資金を貯められる保険

学資保険以外で教育資金が貯められる保険商品、低解約返戻金終身保険をご紹介します。

オリックス生命の終身保険RISE

低解約返戻金型終身保険とは、保険料の払込み途中で解約した場合の解約返戻金を少なく設定することで、毎月支払う保険料を安く設定している終身保険です。

学資保険は原則子どもがいなければ加入することができませんが、低解約返戻金型終身保険は子供がいなくても加入することができます。

また、低解約返戻金型終身保険は契約者が亡くなった場合、死亡保険金が支払われるため学資保険よりも万が一の時にしっかり備えることができます。

保険商品概要

  • 企業名:オリックス生命保険株式会社
  • 保険商品名:終身保険RISE
  • 問い合わせ電話番号:0120-679-390

 

※この記事は、執筆時に公開されている最新の情報をもとに作成していますが、閲覧されている時点の情報に差異がある可能性がございます。

保険へご加入の際は、保険会社へのお問い合わせ / ホームページ等で最新の情報を必ず確認をするようにしてください。

申込み前に知っておきたい記事をご紹介

当ブログ内で、学資保険に申込み前に知っておきたい記事をご紹介します。

保険商品別の記事

\いますぐ無料相談予約!/


FPパートナーズ


マネードクターとは

保険も家計も将来も。さらには資産運用など、お金の上手な活用法まで。あなただけの「お金の答え」を見つける人生のパートナーです。

無料で保険相談

オンラインでも、カフェやご自宅など対面でも、全国どこでもご希望の場所でマネードクターのFPと無料で保険相談可能です。

Webで今すぐ予約

オンラインで今すぐ予約できます。お電話でも可能。お電話でご予約の際はオペレーターに受付番号「12384」とお伝えください。

無料相談予約はこちら|マネードクター

-学資保険
-,

FPパートナーズ
FPパートナーズ

© 2020 justInCase